ロゴを作成するにあたって、どんなロゴにしたいか・ロゴで表現したいもの・使用媒体など様々な方向からイメージを固めていくことで、素晴らしいロゴが出来ます。

その為には、最初の打ち合わせが重要になってきます。この打ち合わせを円滑に進める為に、このページを参考にロゴイメージを考えていただきたいと思います。

 

   1.ロゴマークとロゴタイプ

   2.ロゴの意味・表現

   3.ロゴイメージの伝え方

   4.色の決め方

 

ロゴマークとロゴタイプ

初めてロゴ作成をご依頼する際に知っていただきたいのが、ロゴマークとロゴタイプです。

一般的には両方ともロゴには違いないのですが、ロゴのイラスト(図形)部分をロゴマーク、社名などの装飾された文字部分をロゴタイプといいます。

そこで、どのようなロゴを作成すればいいのか?

大まかに分けると2種類あり、簡単に言うとロゴマークを付けるか付けないかの違いです。

 

ロゴマークの特徴としては、覚えやすい事です。図形と文字のどちらが覚えやすいかというと、やはり図形だと思います。

マークによって会社を強く印象付け、存在感を高めます。

ロゴの展開方法によっては会社の存在を強くアピール出来るツールの一つになります。

 

次にロゴタイプですが、こちらはマークが無く最初に目に行くのが社名です。

何の特徴もないフォントだと覚えてもらえませんが、文字に装飾しアクセント持たせる事によって全体のデザインと文字を関連付けて記憶され、社名を覚えてもらえます。

マークほどのインパクトはありませんが、社名・商品名をブランド化するのに有効です。

 

マークありのロゴの場合、基本的に文字部分(ロゴタイプ)はあまり特徴を持たせずシンプルな書体が望ましいです。

なぜなら、ロゴマークとロゴタイプの両方ともインパクトが強いと、お互いの良さを打ち消しあうことになるからです。

 

ロゴの意味・表現

ロゴを作るうえで社訓や経営理念などの意味を持たせるのか、提供するサービスや商品を分りやすく表現するのかによって、ロゴの印象は変わってきます。

PetsDesign(ぺっつデザイン)を例に見てみましょう。

色分けしたPetsの「P」、Designの「D」、日本語表記にしたぺっつデザインの「ぺ」といった3つの形から出来ており、様々な視点・考え方をもってロゴを組み立てようという意味を込めております。

 

次にサービスや商品を分りやすく表現したロゴの例です。

説明しなくても分ると思いますが、ピザヤさんです。バックのピザのイラストに加え、Localiの「o」をピザカッターの形にした商品を分りやすく表現したロゴです。

 

ロゴイメージの伝え方

高級感・親しみやすさ・女性的・和風…などなど挙げればきりが無いですが、ロゴに持たせたいイメージは幾つかあると思います。

ロゴを作成する上でとても重要なことですが、イメージを言葉や文章で伝えるのは非常に難しいです。

例えば、一言で和風といっても感じ方は人それぞれで、相手に上手く伝わらない事もあります。これが伝わらないと提案するロゴが思ってたのと全然違うなんてことになりかねません。

それを防ぐためにもイメージを伝えるときに「唐草模様のような和柄」「筆で描いたような線」など具体例を挙げていただけると分り易いです。

 

また、イメージしてるものと同じ雰囲気をもつ画像を見せて「こんな感じで」と言われることもありますが、これも上手く伝わらない場合があります。

上の画像を見せられただけでは、どんな所が気に入ってるのかが分りません。葉っぱ柄の感じなのか、上に向かって色が濃くなるグラデーション、図形と文字が一体な所なのか具体的に教えていただけると助かります。

 

ロゴに持たせたいイメージが親しみやすさ・女性的・和風だった場合どこを重要視するのか、親しみやすさ:10、女性的:3、和風:7、という具合に10段階で数値化したり、5:1:4と割合表示するのも分りやすいです。

 

色の決め方

ロゴカラーに好きな色を選ぶのもいいのですが、それぞれの色が持つイメージ・心理的効果を考えて決めてみてはどうでしょうか?

例えば、赤色のイメージとしては「活動的」「衝動的」「情熱的」などがあり、オレンジ色には楽しい気分にさせたり、食欲を促進する効果があります。

ロゴイメージに合った色を選び、より効果的なロゴ作りの参考にしてください。

 

参照サイト:12色の色が与える印象について。配色に困った時のいろいろ。

 

 

 

お気軽にお問い合わせ下さい

design@pets-oppice.link